借金400万円が返済不能になったら自己破産しかないの?

借金400万円はかなりの大金です。それが払えなくなるまでに、借金がもっと少ないうちに返済できる手段をとるべきともいえます。

 

収入源で住宅ローンの残金やカーローンが払えなくなったという場合もあるかもしれませんよね。

 

その場合は、担保物件の住宅や車を手放すことで借金を減らすこともできます。

 

しかし、50万円程度のカードローンから借金が始まり、借入枠がいっぱいになったら別のカードを作って枠いっぱいまで使う。

 

さらに、その借金を返すために別のカードを作る。そんな借金の繰り返しの末に多重債務になっているケースもあります。

 

給料では到底払えない額で、自己破産しかないと悩む人もいますが、収入で支払える額まで減額できたとしたらどうでしょう。

 

そんな借金400万円を大幅に減額して返済可能にできる返済のコツをご提案します。

 

 

借金400万円の返済方法

 

借金400万円の返済が困難になった場合の解決策は債務整理ですね。

 

債務整理には4つの方法がありますが、自己破産以外ですと、任意整理、特定調停、個人再生の3つになります。

 

特定調停は利息カットが難しいので除外。利息カットができる任意整理で返済可能かというと、かなり高収入でないと難しいですね。

 

元金だけの返済になったとしても、3年〜5年で返済しなければなりません。

 

複数社で借金している場合、全社が5年分割で合意してくれることはないので、400万円を3年で返済するとなると、毎月の返済額は約111,000円です。

 

そもそも、これが支払えるだけの収入があるなら400万円の返済を滞納することもなかったのでは・・・。

 

借金を大幅減額できる返済方法とは

 

債務整理の中でも、個人再生は大幅に借金が減額してもらえる方法なんです。

 

借金の総額によって減額基準があり、400万円ですと減額後の借金は100万円になるのです。

 

厳密には、収入額や所有する財産によって計算した額になる場合もあるので、弁護士などの法の専門家に相談した方が良いですが、かなりの大幅減額になるのです。

 

借金が100万円になって、将来の利息や遅延損害金もカットされたら、月々約28,000円の支払いで、3年で完済するのです。

 

毎月低収入があれば、28,000円の支払いは可能ではありませんか?

 

例えば、手取り収入が12万円だった場合でも、家賃を3万円以内にするとか実家に帰るとかすれば、払える額だと思います。

 

個人再生の弁護士費用はかかりますが、分割後払いにしてくれることも多くなっているので、借金がそれだけ減額されれば支払えるのではないでしょうか。

 

個人再生についての詳細は以下の記事にも記載しています。

 

個人再生に失敗することなく大幅減額で借金を返済する方法とは?

 

借金400万円の返済方法まとめ

 

いかがでしたか?

 

借金400万円の返済が困難になった場合でも自己破産せずに借金を大幅に減額して完済できる方法もあります。

 

収入状況や借金の相手先にもよりますが、個人再生ならギャンブルや遊興費などの浪費による借金でも利用できる方法なんです。

 

少しでも自力で返済する方法を検討してはいかがでしょう。