借金1000万円が返済不能になったら見切りも大事

借金1000万円が返済不能になってしまったらどうするのがベストか!

 

住宅ローンなど長期ローンが払えなくなったり、また、個人で事業をしている場合には、1000万円以上の借金を抱えている場合も多いと思います。

 

返済できなくなるまでには様々な事情があると思いますが、1000万円もの借金が返済できなくなったら、放置することは厳禁です。

 

見切り時を誤ると夜逃げすることになるかも。そうなると家族離散になるケースも多いんです。

 

今回は、そんな1000万円以上の借金が返済不能になった場合の返済方法や見切り時の提案です。

 

 

借金1000万円の返済方法

 

1000万円もの借金が返済不能になったら、任意整理などの債務整理では対処が難しいです。

 

財産を失うなどのリスクはありますけど、自己破産も視野に入れることになりますが、場合によっては個人再生で借金を大幅減額して返済可能にすることもできます。

 

借金を大幅減額で返済可能にする

 

自己破産を考える前に、借金を大幅減額で返済可能にできる個人再生ができないか、検討してみると良いです。

 

債務総額により、減額基準が決められています。

 

住宅ローン以外の借金総額が1000万円の場合は、以下に該当します。

 

債務額が500万円を超え1500万円以下の場合は5分の1

 

ですので、1000万円だと200万円に減額されるんです。

 

収入額や財産によって計算される場合もあるので、必ず5分の1になるとは限らないのですが、どちらにせよかなり減額されます。

 

通常は、これを3年で支払うので、月々は約56,000円の支払いになるのです。

 

ただ、債権者が合意しない場合もありますし、そもそも56,000円の支払いさえ無理なら、個人再生はできないですね。

 

個人再生については以下の記事にも詳しく記載しています。

 

個人再生に失敗することなく大幅減額で借金を返済する方法とは?

 

借金の返済をすべて免除してもらう

 

個人再生の返済計画が債権者に合意されず失敗したり、返済できるだけの安定収入が将来も継続して見込めない場合は、自己破産を勧められるでしょう。

 

自己破産の申立が裁判所で認められ免責されると、1000万円の返済はしなくてよくなります。

 

財産をすべて失う、一定期間新たな借入ができなくなる、連帯保証人に返済請求がいくなど、リスクは大きいですが借金がゼロになるのと同じになります。

 

自己破産は最終手段ともいわれますが、どうにもならなくなる前に手続した方が良いと思います。

 

自己破産については以下の記事にも詳しく記載しています。

 

自己破産で借金ゼロにできない理由と債務が免除される方法とは?

 

債務整理を決意する見切り時

 

個人再生や自己破産の申立は裁判所を介して行われ、申立の手続きには法の専門知識が必要になりますので、ほとんどの人が弁護士に依頼します。

 

借金総額が1000万円の場合、司法書士では裁判所での代行ができないので弁護士に依頼することになります。

 

裁判所への予納金も含めて、弁護士費用は最低50万円は必要になります。

 

ですので、債務整理を決意する見切り時は、弁護士費用が用意できる段階ですね。

 

また、自己破産の場合、現金があれば最高99万円まで手元に残すことを許可される場合がありますので、破産後の当座の生活費が確保できるのです。

 

一文無しになるまで放置せず、ある程度の現金、もしくは現金化できる財産があるうちに見切った方が賢明です。

 

実は、私も事業に失敗し自己破産の道を選んだのですが、生命保険の解約金で弁護士費用や手元に残す現金を確保できたのです。

 

もちろん、生命保険の解約を当てても良いかどうかは、弁護士に許可をもらい収支報告をした上でのことです。

 

隠し財産や不当な出費があると免責されないですからね。

 

借金1000万円の返済方法まとめ

 

いかがでしたか?

 

安定収入があるかどうか、財産があるかどうか、連帯保証人はいるのか、どこから借りているのかなど、一言に借金1000万円といっても様々です。

 

私の実体験も踏まえての返済方法の提案ですが、誰にも当てはまるとは限りませんが、参考になることがあれば幸いです。

 

いずれにせよ、借金1000万円が返済不能になった場合は、一日も早く債務整理の手続きをした方が良いと思います。