債務整理が必要になるとき

借金返済が困難な場合、特に消費者金融の借金が複数あったり、多額になっている場合は、法的手段で債務整理をすることも必要になってきます。

 

債務整理をすると楽に借金を返済することも可能になりますが、借金の額や収入によって、適した債務整理の方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

4通りの債務整理について要点を絞って分かりやすく紹介しています。

 

 

任意整理の特徴

 

任意整理は裁判所を介さずに、各金融業者と和解交渉する債務整理の方法です。金融業者殿交渉は、司法書士や弁護士に依頼して行います。

 

債務整理をするなら、任意整理の段階でしておく方が、で良いと思います。借金生活から立ち直りやすいですし、迷惑をかける人も少ないですから。

 

任意整理のメリット

 

  • 将来の利息や遅延損害金を免除してもらえる
  • 分割支払で毎月の返済額を減額できる
  • 債務整理したことがバレにくい

 

任意整理のデメリット

 

  • 信用情報機関に事故情報が記録される
  • 一定期間、借金ができなくなる
  • 弁護士等の費用がかかる

 

関連記事:任意整理ができない人はどんな人?

 

個人再生の特徴

 

個人再生は、裁判所を介して行われ、借金を大幅に減額でき、持ち家を守りたい場合は住宅ローンのみ残すことができる債務整理です。

 

やっと手に入れたマイホームを手放したくない。住宅ローンだけは完済したいって場合は、個人再生ですね。

 

個人再生のメリット

 

  • 借金が大幅に圧縮できる(1/5または100万)
  • 住宅を残すことができる

 

個人再生のデメリット

 

  • 信用情報機関に事故情報が記録される
  • 一定期間、借金ができなくなる
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 弁護士等の費用がかかる

 

関連記事:個人再生に失敗しない方法とは?

 

自己破産の特徴

 

自己破産は、借金返済を全て免除してもらえる債務整理ですが、資産も全て失います。

 

自己破産は債務整理の最終手段だと言われ、人生が終わるみたいなイメージがありますが、破産後の生活設計さえできていれば、それほど悲惨ではありません。

 

ただ、多くの人に迷惑をかけます。

 

自己破産のメリット

 

  • 借金の返済がゼロになる

 

自己破産のデメリット

  • 資産の全てを失う
  • 信用情報機関に事故情報が記録される
  • 一定期間、借金ができなくなる
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 弁護士等の費用がかかる

 

関連記事:自己破産で借金ゼロにできない理由と債務が免除される方法とは?

 

特定調停の特徴

 

特定調停は、自分自身が裁判所に申立をして、調停委員を立ててもらい金融業者と和解交渉する債務整理です。

 

自分でやらないといけないことや、裁判所に出頭するなど手間はかかりますけど、弁護士費用が用意できないなら、特定調停の申立をしてみると良いです。

 

特定調停のメリット

 

  • 分割支払で毎月の返済額を減額できる
  • 将来の利息や遅延損害金をカットできる場合もある
  • 弁護士等の費用が要らない

 

特定調停のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報が記録される
  • 一定期間、借金ができなくなる
  • 和解調書に強制執行力がつく
  • 平日の日中に裁判所へ出向く必要がある

 

関連記事:特定調停は費用がわずかだけどデメリットも大きい

 

過払い金返還請求の特徴

 

過払い期金返還請求は、過去にグレーゾーンと言われる高い金利で支払っていた時期があり、利息制限法の定めを超える部分の利息を引き直し計算して返還してもらえる手続きです。

過払い金返還請求のメリット

 

  • 払いすぎた利息が戻ってくる
  • 信用情報機関に記録されない

 

過払い金返還請求のデメリット

 

  • 完済から10年の時効がある

 

関連記事:過払い金請求は弁護士に依頼すべき?

 

債務整理まとめ

 

法的に債務整理を行うと、借金が減額されたり免除されたりと返済が楽になります。

 

特定調停のように、費用をかけずに自分ですることもできますが、和解交渉が難航することも多く、費用がかかっても弁護士や司法書士に依頼した方が効率的な場合もあります。

 

自己破産以外の債務整理は、減額された借金を返済しなければならないので、安定した収入があることが条件になります。

 

また、保証人に迷惑をかけることもあるので、その場合は保証人の理解と了承も必要になりますね。

 

保証人に打ち明けるのは、かなり勇気が要りますけど、なにも告げずに迷惑をかけることだけは避けた方が良いです。