リボ払いの返済は楽なほど危険かも!

リボ払いでの返済が楽でお得ですよと、多くのカード会社が積極的にアピールしていると感じませんか?

 

リボ払いは、毎月一定額を支払う返済方法なので家計のやりくりもしやすく、月々の返済額も多くないので楽ですから、利用者にとってメリットが大きいのでは!?

 

でも、よぉく考えてみると、楽が故に危険も伴っているのではないでしょうか。

 

あなたの借金の返済方法がリボ払いなら、もしかすると、危険な返済方法をしているかもしれませんよ。

 

メリットの裏に潜む、リボ払いのデメリットを拾い出してみましたので、ご参考くださいませ。

 

 

リボ払いのデメリット

 

リボ払いで地獄を見た、リボ払いは破綻への道、リボ払いは危険、などなど、リボ払いでの返済で失敗した方の声を耳にすることないですか?

 

リボ払いは、クレジットカードやカードローンで使われることが多い返済方法で、特にカードローンは、ほとんどリボ払いになっていると思います。

 

以前は一括返済だったキャッシングも、今はリボ払いができるようになっています。

 

リボ払いの方が返済が楽なので利用する人が多く、キャッシングの利用が激減したので利用者を取り戻す対策なんだそうです。

 

実は、リボ払いはカード会社が金利収入で儲けが出しやすい金融商品なんです。

 

利用者にとっては返済が楽で、カード会社にとっては利益がでる金融商品なら双方にメリットがあって良いですよね。

 

でも、利用者にとっては、楽に返済できることが落とし穴になるんです。

 

そこで、私が思うところのリボ払いのデメリットを挙げてみますね。

 

毎月の支払いが楽なこと

 

毎月の支払いが楽なことって、利用者にとってはメリットでしょう!って思われるでしょうが、人によってはデメリットになります。

 

返済が楽なので借金してる感覚が薄れてしまい、まるで、キャッシュカードで預金を引き出すようにATMでキャッシングしてしまうんです。

 

そんな感覚になってしまいがちな人にとっては、「毎月の支払いが楽なこと」は、デメリットになりますよね。

 

返済期限がないこと

 

リボ払いには、返済期限がありません。借入残額がある限り、ずっと返済していくことになります。

 

期限があれば、早く完済しようという気になりますが、毎月、一定額の返済でよくて、残りは翌月以降に繰り越してもらえると、いつまでにという気持ちにならないですよね。

 

利用枠いっぱいまで使っても、毎月の定額返済で利用枠が空いてくると、また借りてしまったりしませんか?

 

だって、借りても借りなくても毎月の返済額は同じなんだから、使えるものは使っちゃえばいいじゃん!お金足りないんだもん!なんて思いますもんね。

 

そうなると、カード会社にとっては、永遠に返済し続けて利息をいっぱい支払ってくれる良いお客さんになります。

 

カードローンやクレジットカードは、無担保・無保証人でも、30万〜50万円くらいの利用枠が作れますし、信用力が付けば利用枠の増額もできます。

 

利用枠が増えたら、ラッキーと、またまた借金が増えていきますよね。

 

返済期限がないリボ払いの返済方法って、良いような気もしますが、逆にデメリットとも言えるのではないでしょうか。

 

借金が膨らみやすい

 

借入限度額いっぱいまで借りてしまっても、月々の返済額は苦にならない金額ですし、無担保・無保証人でカードが作れるので、限度額がいっぱいになったら別のカードを作って、またリボ払いで借金を増やしてしまいがちになります。

 

2つ3つとリボ払いのカードが増えて返済が苦しくなると、借金の返済のために借金をするようになることもあります。

 

そうなると、返しても返しても借金が減らなくなってしまいます。

 

支払いが楽で返済期限もないリボ払いを安易に常用していると借金が膨らみやすいんです。

 

リボ払いで地獄を見る人のパターン

 

リボ払いの返済方法の仕組みをちゃんと理解して、計画的に利用している人は、リボ払いで地獄をみたりすることはないですよね。

 

でも、ちょっとした気の緩みから常習化すると、地獄を見ることになりかねません。

 

借金してる感覚がない人

 

リボ払いを常用していると、借金している感覚が薄れてしまいがちになります。

 

ATMで簡単に引き出せたり、現金の手持ちがなくても買い物ができたりと便利ですが、クレカやカードローンの利用は借金なんだと、自覚して使うことですね。

 

買い物依存症の人

 

現金がなくてもお買い物ができてしまうので、欲しいものはすぐにも手に入れないと我慢できず、クレジットカードを使ってしまう人もいますよね。

 

今買わなきゃ給料日まで待っていたら無くなるかもしれない限定品もカード払いなら買えますもん。

 

カードさえあればお買い物ができるからと、我慢せずに買ってしまう買い物依存症の人は、リボ払いで地獄を見ることになりかねませんよ。

 

カードを次々作ってしまう人

 

利用枠がいっぱいになったら、次のカードを作ってしまい複数のクレジットカードで借金する人は危険ですね。

 

そうこうするうち、借金を借金で支払うような自転車操業的な借金を繰り返すことになり、多重債務者になってしまいます。

 

赤字を借金で穴埋めする人

 

リボ払いだと返済が楽だからと、毎月の赤字を借金で穴埋めする人も危険です。

 

今月のピンチを乗り切るためだけに使うなら良いですが、毎月の赤字を借金で穴埋めしていたら、利用枠いっぱいまで借り切ったときは行き詰まります。

 

家計を見直して節約を心がけ、収入に見合ったお金の使い方しないといけないです。

 

リボ払い返済まとめ

 

リボ払いは利用の仕方を誤ると、借金地獄への近道になりやすい返済方法です。

 

返済が楽なだけに借金している感覚が薄れやすいのです。

 

クレジットカードはリボ払い、一括払い、分割払いと返済方法を選択できますから、できるだけ早く返済できる方法を選ぶこと。

 

カードローンはリボ払いがほとんどなので、利用した場合は月々の返済額を多くして早く返すことです。