親子ローンの落とし穴!親の借金が子の負担になる?

親子ローンは、住宅ローンを組むときに使われる借入方法で、一つの物件に対して親も子も借金をすることになります。

 

親の収入や年齢では住宅ローンが組めない場合に利用され、親子の収入が合算されるので、多額の借金になることも多いですね。

 

借りるときは、メリットだけを重視してしまいがちですが、最長35年と返済期間が長く、一般家庭では人生の中でも一番大きな借金になるので、親子共にデメリットを承知して借りないとトラブルの元になります。

 

そんな親子ローンのトラブルや、返済が困難になったときの対処法などを取り上げてご紹介しています。

 

 

親子ローンは2種類ある

 

住宅ローンの親子ローンには、「親子リレーローン」と、「親子ペアローン」の2種類あり、契約方法によって返済方法も変わってきます。

 

親子リレーローン

 

親子リレーローンは、親が主たる債務者となり、子は連帯債務者として住宅ローンを契約するので、1本の住宅ローンの契約になります。

 

最初は親が住宅ローンの返済し、途中から子が引き継いで返済をしていく方法で、親子が同居していることが前提になります。

 

親の収入の範囲内で、子の収入も合算できるので、親だけで借りるより借入限度額も多くなります。

 

親が50才、60才ですと、長い期間でローンが組めないのですが、子供が返済を引き継ぐ親子リレーローンなら、35年のローンを組むことも可能になってきます。

 

二世帯住宅で同居する場合ですと、家もそれなりに大きくなり建設費もかかるので、親子リレーローンはメリットが大きいですよね。

 

親子ペアローン

 

親子ペアローンは、親と子それぞれが住宅ローンを分担して借りるので、借金の2本立てで住宅ローンを組むので、返済当初から親子それぞれが住宅ローンの返済をしていくことになります。

 

また、親子ペアローンを組む際には、親が子の、子が親の連帯債務者になります。

 

最初から、親子2本立ての住宅ローンを返済していくので、返済期間が同じであれば親子リレーローンで支払うより、一人が負担する返済額は少なくなりますね。

 

親子ローンはデメリットもある

 

親だけでは住宅ローンが組めない場合でも、親子ローンにすることで可能になったり、借入額を増やしたりできるメリットはありますが、デメリットもあります。

 

住宅ローンを引き継いだ子に返済能力がなければ、返済不能となり家を手放すことになったり、子が新築で別居したくても住宅ローンが組めなかったり、といった問題があるのです。

 

親子ローンでよくあるトラブル

 

最初は合意して親子ローンで家を建てたのに、途中でトラブルになるケースも多くなっています。そんな親子ローントラブルの一部を取り上げてみますね。

 

子が独身時代に親子ローンを組んだ

 

親は40代、子は20代の独身というときに、親の収入だけでは住宅ローンの審査が通らないので、親子ローンを組んでマイホームを購入するケースも多いです。

 

いずれは、あなたが相続する家だし、親が最後まで返済するから大丈夫と言われ、深く考えもせず合意して印鑑を押してしまった。

 

ところが、途中で親が病気になり働けなくなって、子が返済を引き継ぐことになってしまうこともありますよね。

 

また、結婚相手が同居はイヤだと、別居するために新居を購入しようとしたときに、親子ローンを組んでいると、新たに住宅ローンを組むことができなくなるんです。

 

親子ローンのせいで住宅ローンが組めないことが、新居を購入する段階で発覚して、夫婦でもめる原因になったりもします。

 

独身時代には、親に頼まれても親子ローンは組まない方が賢明ですね。

 

義両親と折り合いが悪くなった

 

同居を合意して、親子ローンで二世帯住宅を建てて同居してみたものの、義両親との折り合いが悪くなり別居に至ることもありますよね。

 

別居しても、親子ローンの連帯債務がなくなるわけではありませんから、新たに住宅ローンを組むことはできません。

 

親子リレーローンの場合は、返済を引き継ぐ時期もやってくるでしょうし、親子ペアローンの場合は、住んでもいない家のローンを支払い続けることになります。

 

親が返済できなくなった

 

親が病気で働けなくなったり、失業したりで収入がなくなり、住宅ローンの返済ができなくなると、親子リレーローンであれば子が返済を引き継ぎますが、子にも返済できるだけの収入がない場合もあります。

 

親子ペアローンの場合ですと、子も自分の分の住宅ローンを支払っている上に、親の分の返済もしなければならなくなります。

 

返済期間が長期の住宅ローンは、返済途中で何があるか分かりませんから、まさかのときの備えがないと家を手放すことにもなりかねません。

 

子が親子ローンの犠牲にならないための対策

 

親子ローンを組むときには、同居することが前提なので、別居すれば金銭トラブルが発生します。なので、同居し続けられるか十分に検討することも必要ですね。

 

また、不幸にも親が亡くなったときに、子供に返済負担がかからないようにしておくことも、親の義務ではないでしょうか。

 

団体信用生命保険に加入しておく

 

親子ローンには、団体信用生命保険の加入が任意でセットできるプランがあります。

 

もし、返済途中で亡くなった場合でも、保険金で借入残高の返済ができるので、連帯債務し合う親子共々、団体信用生命保険の加入しておくと安心です。

 

任意で生命保険に加入しておく

 

団体信用生命保険に加入していても、80才を超えていると保険金がおりない場合や、保険金だけでは支払えない場合もあります。

 

そんな場合に備えて、連帯債務者の子を受取人にして、任意で生命保険に入っておくと返済に充てられるので、子に返済負担をかけずに済みます。

 

遺言書を作成しておく

 

連帯債務者になっている子に、兄弟姉妹がいる場合は、財産相続について遺言書を残しておくことも必要と思います。

 

親子ローンの場合、家土地の名義も親子で共有登記していますが、親の持ち分は財産分与の対象になります。

 

生命保険などで、返済負担がかからないようにできても、兄弟姉妹が家の相続でもめることもあります。

 

場合によっては家を売却して財産分与することになったりもします。

 

もしものときを想定して、手を打っておくことは色々とありますが、最低限、生命保険の加入と遺言書の作成はしておきたいですね。

 

子が親の借金を払えない場合の対処法

 

安易に合意して、親子ローンを組んでしまったがために、返済能力がない子が住宅ローンを引き継ぐこともありますよね。

 

こんなことを言ってはなんですが、死亡保険金でなんとかなるならマシですが、病気の後遺症で親は働けなくなり、住宅ローンの返済を引き継ぎ、親の介護までしないといけなくなる場合もあります。

 

家を売却する

 

返済が困難になり延滞するしかなくなった場合、家を売却して住宅ローンの残額が完済できるようであれば、延滞し続けて競売になる前に任意売却して借金を整理した方が良いですね。
抵当物件の家を勝手に売却することはできないので、銀行に相談してみましょう。

 

購入してくれる親族がいるような場合は、親族に売却することもできますよ。私の知人は、親族に購入してもらい、その親族に家賃を払って住み続けています。

 

債務整理を行う

 

親から引き継いだ住宅ローンの支払ができず、売却して返済に充てても借金残高が残ってしまい残金の返済ができない場合は、債務整理を検討した方が良いですね。

 

任意整理できるか、自己破産になるかは、借金残高や支払能力によって決まってくるので、弁護士に相談した方が良いです。

 

住宅ローンは借金残額が多いので、司法書士よりも債務整理に詳しい弁護士を選ぶことも重要です。

 

親子ローン まとめ

 

マイホーム購入のための資金枠が増やせたり、年齢制限がクリアできたりと、親子ローンにはメリットも大きいですが、長期的な判断を誤ると大きなトラブルの元にもなります。

 

我が子の幸せを願う親なら、親が返済できなくなったときに、子供にかかる負担をなくす対策は当然のことではないでしょうか。

 

親子ローンを組むときには、連帯責任者となる子供と十分に話し合いましょう。