借金を減額できる任意整理

任意整理は、裁判所を介せずに比較的、簡単に手続きができる債務整理です。

 

将来の利息や遅延損害金の免除や長期分割を交渉することで、借金の返済が楽になるので、できれば任意整理で借金問題を解決したいですね。

 

ですが、自分で銀行や消費者金融と交渉するのは難しく、債権者も応じてくれませんから、弁護士などの法の専門家に依頼することになります。

 

ただ、任意整理ができない場合もあるので、その点を中心に任意整理について取り上げてご紹介します。

 

 

任意整理できない人

 

任意整理できない原因が、自分にある場合と金融業者にある場合とがあります。

 

自分に原因があって任意整理できない

 

毎月、安定収入が無い人は任意整理できない場合が多いです。

 

任意整理は、債権者との交渉で月々の支払額を減額してもらい、一定期間で返済する債務整理です。

 

借金が無くなるわけではないので、返済できる安定した収入が必要になってきます。

 

毎月の収入から生活費など、必ず必要なお金を引いた残りのお金が返済に充てることができる金額ですよね。

 

3年〜5年で返済していくので、生活が困窮するような返済計画では、最後まで支払うことができなくなりますものね。

 

金融業者によって任意整理できない

 

街金や奨学金は任意整理の交渉に応じてくれない場合がほとんどです。

 

任意整理の主な交渉は以下の2つです。

 

  • 将来の利息や遅延損害金を免除してもらう
  • 返済期間を延長し月々の返済額を減らす

 

金融業者にしてみれは、利息が取れなければ儲けがないので、本来は交渉に応じたくないですよね。

 

でも、自己破産されてしまうと元金の回収さえできなくなるので、利息カットの交渉に応じた方がリスクが少ないと交渉に応じるのです。

 

さらに、月々の返済額を減らすための分割払いの交渉に応じれば、利息が取れない上に元金回収も何年もかかることになります。

 

なので、金融業者が交渉に応じるには、資金力がないと難しいため、街金などは交渉に応じてくれなかったり、応じても分割回数が数回と極めて少なかったりします。

 

また、奨学金は任意整理の交渉には応じてくれません。

 

どこから借金しているかによって、任意整理できない場合があるんです。

 

任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理にはメリットがある反面、デメリットもありますから承知の上でする必要がありますね。

 

任意整理のメリット

 

  • 手続きが比較的に簡単
  • 取り立てがすぐにストップする
  • 将来の利息や遅延損害金を免除してもらえる
  • 分割支払で毎月の返済額を減額できる
  • 財産を失うことがない
  • 債務整理したことがバレにくい

 

任意整理を弁護士などに依頼するとすぐに取り立てがストップしますし、裁判所を介さないので家族や知人、職場に知られるリスクが少ないです。

 

また、債務整理したい借金だけを選べるので住宅ローンや車ローンを残すことも可能なので、手放さなくて済みます。

 

任意整理のデメリット

 

  • 信用情報機関に事故情報が記録される
  • 一定期間、借金ができなくなる
  • 担保実行や保証人に迷惑がかかることもある
  • 裁判を起こされる場合がある
  • 弁護士等の費用がかかる

 

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が記録され、いわゆるブラックリスト扱いになるので、一定期間、借金ができなくなります。

 

また、車ローンを任意整理すると車を引き揚げられたり、保証人がいる場合は、保証人に請求がいく場合もあります。

 

金融業者の中には、裁判を起こす場合もあり、負けると給与を差し押さえられる可能性もあります。

 

ブラックリストは避けられないですが、担保や保証人、裁判などのリスクは、債務整理に強い弁護士に依頼すると、回避することもできます。

 

任意整理が向いている人

 

任意整理は、どんな借金の返済に困っている人に向いているのか、目安としてご参考ください。

 

  • メインの借金が銀行系の大手消費者金融の人
  • ギャンブルや遊興費などの浪費で借金した人
  • 借金総額を36回で割った額が毎月払える人

 

銀行系の大手金融業者は資金力があるので、交渉に応じてもらいやすく、最長5年の分割払いに応じてくれることもあります。

 

任意整理は借金の原因に関係なく債務整理できます。

 

借金の使い道が、ギャンブルや遊興費などの浪費の場合、自己破産はできないので、浪費による借金を債務整理したい人に向いています。

 

それを踏まえて、浪費による借金返済が困難になってきたら、任意整理できるうちに手続きした方が良いですね。

 

任意整理した後に毎月支払いができる人に向いています。

 

将来の利息はカットしてもらえるとして、借金総額を3年で払えるかどうかです。

 

たとえば、借金総額が90万円だとしたら、

 

900,000円÷36回=25,000円

 

毎月、25,000円ずつ、3年間返済することになります。

 

最長5年(60回)の分割交渉はできますが、3年(36回)くらいで和解になるケースが多いので、36回で目安を立てておいた方が良いですね。

 

任意整理まとめ

 

任意整理は、債務整理の中で最も手続きが簡単な方法です。

 

迷惑をかけたり、人に知れたりするリスクも低いので、借金の返済が困難になってきたときには、早めに人に整理を検討した方が良いです。

 

金融業者との交渉は、個人では応じてもらえないことがほとんどなので、弁護士などの法の専門家に依頼した方が減額交渉がスムーズにできます。

 

費用はかかるのですが、専門家に依頼した方が得策な場合も多いです。