元利均等返済と元金均等返済どっちの金利がお得?

借金の金利の計算方法は、元利均等と元金均等の2通りですが、自分の借金の金利がどちらの方法で計算されているか、ちゃんと知ってますか?

 

どちらなのか簡単に分かる方法は、毎月の支払額が一定かどうかです。

 

毎月、定額の支払なら元利均等返済、支払額が毎月少し違っていて、少しずつ少なくなっていたら、元金均等返済です。

 

たぶん、毎月定額支払が多いと思います。多いというか、ほとんどが元利均等返済ですね。

 

毎月、同じ金額での返済だと、返済計画も立てやすいので、借りる側としても良いですが、金利の支払額は元利均等の方がお得なんでしょうか?

 

表計算ソフトのエクセルで簡易的に金利のシミュレーション計算をしてみましたので、参考にしてくださいね。

 

元利均等返済と元金均等返済の違い

 

元利均等返済と元金均等返済では、金利計算の方法が違うのかというと、計算方法は同じです。

 

違うのは、元金の減り方が早いか遅いかの違いです。

 

借金の残高で利息計算されるので、元金の減りが早い方が利息が少なくなりますよね。そして、元金が早く減るのは、元金均等返済なのです。

 

では、どれくらいの違いがあるのでしょう。

 

金利計算をエクセルでシミュレーション

 

元利均等返済と元金均等返済のどちらがお得か、銀行や消費者金融と同じに計算することはできないですが、簡易的にエクセルで計算して比較してみました。

 

元利均等返済をエクセルでシミュレーション

 

借金:50万円、年利:14.5%、支払月額:20,000円で、元利均等返済した場合をエクセルでシミュレーション計算してみました。

 

 

借金50万円を年利14.5%で、毎月20,000円の元利均等返済すると、

 

支払回数:30
支払総額:598,465円
利息総額:98,465

 

 

元金均等返済をエクセルでシミュレーション

 

借金:50万円、年利:14.5%、支払月額:20,000円で、元金均等返済した場合をエクセルでシミュレーション計算してみました。

 

 

借金50万円を年利14.5%で、毎月20,000円で元金均等返済すると、

 

支払回数:25
支払総額:578,260円
利息総額:78,260

 

 

元利均等返済と元金均等返済どっちがお得?

 

元利均等返済と元金均等返済をエクセルでシミュレーション計算してみると・・・。

 

元金が早く減る「元金均等返済」の方が、支払回数が5回早く終わり、支払利息も20,205円少なくなりました。

 

このシミュレーション計算の結果だけで判断すると、元金均等返済の方がお得ということになりますね。

 

ただし、元金均等返済の場合、毎月の支払額が多くなりますので、その分、生活費の節約が必要になります。

 

毎月の支払額に無理があると、足りない分を借金してしまうことにもなりかねないので、支払できるかどうかの返済計画も必要ですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

借金が少額だと、元利均等返済でも元金均等返済でも、数万円の差ですが、住宅ローンのように多額の借金だと、支払総額は大きな差があります。

 

ただ、支払初期の月々の支払額も大きくなるので生活を圧迫してしまいますから、金融機関では元利均等返済を採用しているのでしょうね。

 

ちなみに、毎月定額を返済するリボ払いは元利均等返済なので、限度額いっぱい繰り返し借金していると元金が減らないので、利息負担が大きくなってしまいますよ。