過払い金請求は弁護士に依頼すべき?

数年前から過払い金請求のCMをよく見かけますよね!

 

借金がゼロになって、場合によってはお金が戻ってくる場合もあると聞くと、自分の借金も過払い金請求ができるのでは?と期待が膨らみます。

 

もし、過払い金があったとしても返還請求しなければ戻ってきません。

 

とはいえ、利息の引き直し計算など個人では難しいですし、個人で請求しても金融業者に相手にされない可能性もあります。

 

過払い金請求は、やはり弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方が確実です。

 

そこで、今回は、過払い金がどんな場合に請求できるのか、自分である程度の判断するための情報をまとめています。

 

 

過払い金返還請求ってなに?

 

なぜ過払い金が発生したのか、そもそも違法行為だったのか、そんな疑問も湧いてきますよね。

 

ですが、貸金業法が改正されるまでは違法ではなかったため、利用者が払いすぎていると知ることはなかったのです。

 

利息制限法を超える金利とは

 

平成20年(2008年)以前の貸金業法では、20%を超える高金利で貸付を行っている場合があり、グレーゾーン金利と言われています。

 

グレーゾーン金利がなぜ発生したかというと、利息制限法の上限金利(20%)と出資法の上限金利(29.2%)の2つが存在し、貸金業法改正前は29.2%の金利でも罰則がなかったのです。

 

出資法には違反していなければ、利息制限法の上限を超えていても罰則がなかったため、多くの貸金業者が出資法の上限金利を採用していたんです。

 

それが、改正貸金業法で出資法の上限金利も利息制限法と同じ水準に引き下げられたので、現在は利息制限法の上限内の金利になっています。

 

そして、過去にグレーゾーン金利で支払っていた取引も、改正後の金利で利息の引き直し計算することで、差額の払いすぎた金利を返還請求できることになったのです。

 

2010年頃だったでしょうか、過払い金請求が殺到し、消費者金融業者は窮地に追い込まれました。

 

大手の消費者金融だった武富士が破産したことが記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

 

過払い金請求には時効がある

 

過払い金には取引終了後10年の時効があります。

 

完済した借金でも過払い金返還請求ができるのですが、完済後10年を過ぎると過払い金があっても請求できないんです。

 

なお、取引が継続中であれば通算して利息の引き直し計算ができる場合もあるとのことなので、該当するかどうかは弁護士などの専門家に相談した方が早いですね。

 

新しい借金は過払い金がない

 

改正貸金業法の完全施工は2010年6月18日ですから、それ以後に新たな借金を契約した場合は、貸金業法の利息制限法の上限以下の金利なので、過払い金は発生しません。

 

では、2016年6月18日以前の契約なら、グレーゾーン金利なのかというと、大手金融業者は、2007年頃から対応を始めています。

 

金融業者によって対応開始の時期が違いますが、おおむね2007年以前に契約した借金で、過払い金の可能性があります。

 

ブラックリストにならない

 

過払い金返還請求は、任意整理などの債務整理と同時に行われる場合が多いですが、過払い金返還請求のみの手続であれば、金融事故にはならないのでブラックリストになることはありません。

 

過払い金は自己破産の財産になる

 

自己破産をする場合、財産のすべてを債権者に配分することになりますが、過払い金が発生する場合は、その過払い金も財産として扱われます。

 

自己破産の場合は、過払い金があったとしても戻ってくることはないのです。

 

過払い金があるかもと思ったら!

 

過払い金は請求しないと戻ってこないので、自分の借金が該当するかどうか調べてみるくらいはしてみた方が良いですね。

 

  • いつ契約した借金なのか
  • 金利の利率は何%なのか
  • 完済したのはいつだったか
  • 現在も取引中なのかどうか

 

借金ごとに上記のことを拾い出してみて、過払い金があるかもしれないと思う借金があれば、弁護士の無料相談などを利用してみると良いです。

 

過払い金まとめ

 

現在、借金の返済が困難になっている場合、古い取引の借金には払いすぎた支払いがある可能性があり、借金残額が減る場合があります。

 

過払い金が多ければ借金がなくなる場合もありますし、さらにお金が戻ってくるケースもあるのです。

 

ですが、過払い金返還請求の手続きは個人では難しいので、弁護士や司法書士に依頼した方が得策です。

 

過払い金の可能性があるかどうかだけですと、弁護士などの無料相談で見てもらえるので、利用してみると良いですね。