ブラックリストって具体的にどんなもの?

ブラックリストに載ったら、クレジットカードが利用できなくなる。そんな話を聞いたことがあると思います。

 

では、ブラックリストって具体的にどんなものなんでしょう?

 

あたかも、「ブラックリスト」と、というものが存在しているように思われているのですが、実は、それだけを集めたリストは存在しないんです。

 

借金に関する取引情報を記録する、「信用情報機関」があり、通常の取引も、そして、返済遅延や破産などの情報は「金融事故」として記録されます。

 

この金融事故の記録がある人が、貸しても返済できない人として、いわゆる「ブラック」と、言われているんです。

 

そんな、ブラックと判断される金融事故や、信用情報機関、ブラックにならないための返済方法などについて、詳しくまとめましたので参考の一つにされてください。

 

 

ブラックリストになる金融事故

 

信用情報機関に金融事故が載ってしまうと、数年間は消すことができないので、困ることも出てきます。

 

ブラックリストなんかに載りたくないですよね!

 

ブラックになりたくないなら、金融事故になってしまう行為をしないことです。

 

延滞や滞納

 

月々支払うことを約束しているにも関わらず、遅延や滞納をすると、金融事故として掲載されブラックリストと判断されます。

 

返済が遅れてしまった「遅延」は、1〜2回程度なら大丈夫みたいですが、常習犯だと金融事故になるようです。

 

また、滞納が3ヶ月以上続くと金融事故の扱いになりますが、何ヶ月で事故扱いになるかは、金融機関によって判断が違いますから、一概に3ヶ月以上と断定はできないのです。

 

遅延や滞納をすると金融事故になる支払は、以下のようなものです。

 

ローンやカードなどでの借金

 

住宅ローン、カーローン、ショッピングローン、カードローン、キャッシングなど、借金の返済に関する遅延や滞納は金融事故の対象になります。

 

携帯電話端末の分割払い

 

見落としがちなのが携帯電話利用料の引き落としです。残高不足で通話不能になり、慌てて支払に行ったなんてことありませんか?

 

その利用料の中に、携帯電話端末の分割払いが含まれている場合、遅延や滞納で事故扱いになります。

 

また、利用料の支払いを銀行引き落としではなく、クレジットカードにしている場合は対象がカードになるので、金融事故の扱いになります。

 

奨学金の返済

 

奨学金も借金です。遅延や滞納で金融事故の対象になります。

 

代位弁済

 

代位弁済(だいいべんさい)とは、債務者に代わって保証人が弁済をすることで、銀行や消費者金融などが提携している信用保証会社が、滞納した借金の全額を弁済した場合、金融事故として掲載され、ブラックリストと判断されます。

 

債務整理

 

任意整理、個人再生、自己破産、特定調停など、借金を減額したり、免責したりで債務整理を行うと、その情報が掲載されます。債務整理を行うと確実にブラックリストになると思っていた方がよいです。

 

複数のカード申込み

 

支払遅延や滞納、債務整理などの金融事故をおこしていなくても、ブラックと判断されるケースとして、短期間に複数のカード申込みをした場合があります。

 

カード発行の審査が通らないからと、次々と申込みをしたりすると、金融機関に警戒されてしまうんです。

 

また、未使用でもたくさんのカード契約をしていたりすると、住宅ローンなどの契約で不利になることもあります。

 

ブラックリストにならない金融事故

 

どんな支払でも遅延や滞納をすると金融事故になるかというと、そういうわけではありませんし、遅延の程度にもよります。

 

公共料金などの支払い遅延

 

電気代やガス代、税金、健康保険、年金、NHK受信料などは、遅延や滞納をしても信用情報機関に金融事故として掲載されることはありません。

 

ただし、支払をクレジットカードにしている場合は、カード支払いの遅延や滞納になるので、金融事故として掲載されますから、支払い手段を何にしているか確認しておきましょう。

 

過払い金返還請求

 

過払い金返還請求とは、債務整理の一環として行われることが多いのですが、2010年以前の消費者金融からの借金にはグレーゾーン金利といわれる高利の利息が存在しており、払いすぎた利息を返してもらう手続きです。

 

債務整理が過払い金で全て解消できた場合や、完済した借金の過払い金返還請求は、金融事故として掲載されなくなりました。

 

返還された過払い金を債務に充当しても借金が残ってしまい、債務整理をした場合は金融事故扱いになります。

 

うっかり延滞

 

借金の支払日に、うっかりと引き落とし口座が残高不足になっていた、なんてこともありますよね。

 

支払日の前日までに入れておかなければならないのに、前日が土日で間に合わなかったなどの経験がある方って多いのではないでしょうか。

 

カード会社と銀行の契約で、翌日、翌々日と再引き落としをかけてくれる場合もありますが、残高不足で督促状が来てしまうこともあります。

 

そんな、ちょっとしたうっかり遅延が1年間に1〜2回くらいなら、金融事故扱いになることはありません。

 

常習犯だと事故扱いにされる可能性が高いので、残高不足に気をつけましょう。

 

家族の金融事故

 

同一世帯の家族が、支払い遅延や滞納などの金融事故を起こしていたら、家族全員がブラックリスト入りしてしまうように勘違いしている方もいるようですね。

 

ですが、信用情報機関に掲載される情報は、一人ひとりの個人情報なので、家族の金融事故が影響することはありません。

 

家族がブラックリストでも、自分に金融事故がなければ問題ないんです。

 

ブラックリストのデータが記録される信用情報機関

 

銀行や信販会社、消費者金融などの金融機関は、借金に関する取引が発生すると、借金の取引状況はもちろん、個人の住所、氏名、生年月日など情報を「信用情報機関」に記録します。

 

金融機関の業態別で、3つの機関があり、その情報を共有しています。

 

金融業者は、貸したお金が利息も含めてきちんと返済されないと困りますから、貸付を行う際には、信用情報機関で必ず調べます。

 

系列別で3つの信用情報機関がある

 

金融業者が加盟している信用情報機関は、系列別に3機関あり、事故記録の掲載期間などに違いがあります。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は、銀行・信金・信組・農協系の信用情報が掲載される機関です。

 

会員以外には個人データを共有していないので、銀行ではない消費者金融は、銀行での借入に関して情報を知ることができないようです。

 

 http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

事故記録が消えるまでの期間
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

 

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

「株式会社 シー・アイ・シー(CIC)」は、信販会社の信用情報が掲載される機関です。

 

 http://www.cic.co.jp/

事故記録が消えるまでの期間
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)

「株式会社日本信用情報機構(JICC)」は、消費者金融系の信用情報が掲載される機関です。

 

 http://www.jicc.co.jp/

事故記録が消えるまでの期間
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年

 

ブブラックリストを個人が確認する方法

 

過去に支払遅延をしたことがあったり、何も不都合はしていないはずなのにクレジットカードの審査に落ちたりすると、もしかして「ブラックリスト」に載ってるのかも、と、不安になりますよね。

 

そんな時は、各信用情報機関へ、情報の開示を請求して、自分の信用情報を確認することができます。

 

ただし、情報の開示請求は、本人しかできないことになっています。もし、代理人に依頼するなら委任状が必要になります。

 

情報開示の詳しい請求方法は各機関のホームページに載っています。

 

ただ、金融事故が掲載されているかどうかの確認はできますが、この情報を元に、金融機関がどう判断するかまでは確認できません。

 

ブラックリストに載るとどうなる?

 

信用情報機関に金融事故が掲載されると、いわゆる「ブラックリスト」扱いになるため、新たな借金ができなくなります。

 

住宅ローン、カーローン、クレジットカード、ショッピングローンなど、お金を借りる行為ができなくなるので、現金生活を強いられることになり、ます。

 

金融事故の記録が残る機関は、信用情報機関によって違いますので、何年間なのかはケースバイケースですが、事故解消から5年〜10年と、長期間になります。

 

信用情報機関によって、事故記録がどれくらいの期間残るのかは、こちらでご確認ください。

 

また、銀行系の信用情報は消費者金融は照会できないので、銀行での借金でブラックリストになっても、カードが作れるケースも希にあるようですけどね。

 

貸金業法の改正以降、銀行がカードローンに力を入れるようになり、その保証会社として消費者金融と提携している銀行が多くなったので、情報は共有されていると思っていた方がいいです。

 

まあ、ブラックリストに載るような状態で、新たな借金を作らない方が良いですし、借金癖を直すためにも、長期間、強制的に借金ができなくなる方が良いと思います。

 

ブラックリストにならないための消費者金融返済方法

 

ここまで読んでこられたあなたは、ブラックリストにならないためにどうすれば良いか、もうお分かりですよね!

 

要は、ブラックリストになる金融事故を起こさないことです。

 

  • 延滞や滞納
  • 代位弁済
  • 債務整理
  • 複数のカード申込み

 

遅延や複数のカード申込みは程度にもよりますが、どれくらいというのがハッキリしないので、やらないことです。

 

カードブラックリストまとめ

 

誰しも、ブラックリストなんかに載りたくないですよね。

 

ですが、収入に見合わぬ生活や買い物をしていると、気が付いたときには返済困難に陥ってしまっていたということもあります。

 

職を失ったり、減給などで返済できるはずだった借金が支払えなくなることもあると思います。

 

ブラックリストに掲載されたからといっても、命まで取られるわけではありません。借金ができなくなるだけのことです。

 

生活が困窮するほどに、借金の返済が困難な場合は、ブラックリストを恐れることなく債務整理も必要と思います。